廃線鉄道の部屋

 私はかつて、1980年から'90年まで日本国有鉄道及び弘済出版社などがキャンペーンを行っていた「いい旅チャレンジ二万キロ」の会員でした。これは国鉄のある路線の始点から終点まで乗車し、駅名表をバックに撮った証明写真を事務局へ送るとその路線の乗車が認定され、会員は最終的に全線乗車を目指す、というものでした。
 ちょうどそのキャンペーンが始まった頃に成立した国鉄再建法により、輸送実績に乏しい路線はその後廃止の運命をたどり、新規路線の建設は原則として中止されました。当時の国鉄は毎年1兆円近い赤字を出し続け、世論の批判を浴びていたこともあって、'87年に国鉄はJRとして分割民営化。このキャンペーンもささやかながらあの手この手の増収策のひとつだったというわけでしょう。また、地方の私鉄の中にも鉱山の閉鎖や自動車の普及で輸送事情が変わったことにより、姿を消して行くものもありました。
 私は全線乗車は挫折してしまいましたが、その旅の途中に乗車した路線で、後に廃線になってしまったものを、なるべく現役時代の写真を中心に紹介いたします。なお、写真の構図やら画質についてはお見苦しい点もあろうかと思いますが、何卒ご容赦下さいませ。(^_^;)

国鉄(JR) 北海道編

天北線(音威子府-南稚内) 羽幌線(幌延-留萌) 美幸線(美深-仁宇布)
(未成線:仁宇布-北見枝幸)
興浜北線(浜頓別-北見枝幸)
興浜南線(興部-雄武) 名寄本線(名寄-遠軽)
支線(中湧別-湧別)
深名線(深川-名寄) 渚骨線(渚骨-北見滝ノ上)
湧網線(中湧別-網走) 相生線(美幌-北見相生) 標津線(標茶-根室標津)
(中標津-厚床)
白糠線(白糠-北進)
広尾線(帯広-広尾) 士幌線(帯広-十勝三股) 歌志内線(砂川-歌志内) 函館本線支線(砂川-上砂川)
幌内線(岩見沢-幾春別) 万字線(志文-万字炭山) 富内線(鵡川-日高町) 池北線(北見-池田)
第3セクター化後、廃止
(その1)
 (その2)
胆振線(伊達紋別-倶知安) 岩内線(小沢-岩内) 瀬棚線(国縫-瀬棚) 松前線(木古内-松前)

国鉄(JR) 本州・四国編

日中線(喜多方-熱塩) 弥彦線(東三条-越後長沢)
部分廃止
魚沼線(来迎寺-西小千谷) 足尾線(桐生-間藤)
第3セクター化
真岡線(下館-茂木)
第3セクター化
信越本線
(横川-軽井沢)部分廃止
(軽井沢-篠ノ井)第3セクター化

(その1) (その2) (その3)
相模線支線(寒川-西寒川)
二俣線(掛川-新所原)
第3セクター化
岡多線(岡崎-新豊田)
第3セクター化
明知線(恵那-明知)
第3セクター化
神岡線(猪谷-神岡)
第3セクター化、廃止
(その1) (その2)
七尾線(穴水-輪島)
第3セクター化、部分廃止
能登線(穴水-蛸島)
第3セクター化、廃止
越美南線(美濃太田-北濃)
第3セクター化
樽見線(大垣-美濃神海)
第3セクター化
伊勢線(河原田-津)
第3セクター化
播但線支線(姫路-飾磨港) 信楽線(貴生川-信楽)
第3セクター化
美祢線支線(南大嶺-大嶺) 大社線(出雲市-大社)
可部線(可部−三段峡)
(その1)
(その2)
部分廃止
小松島線
(中田-小松島港(臨))
中村線(窪川-中村)
第3セクター化

国鉄(JR) 九州編

室木線(遠賀川-室木) 勝田線(吉塚-筑前勝田) 香月線(中間-香月) 宮田線(勝野-筑前宮田)
伊田線(直方-田川伊田)
第3セクター化
糸田線(金田-田川後藤寺)
第3セクター化
添田線(添田-香春) 上山田線(飯塚-豊前川崎)
漆生線(下鴨生-下山田) 甘木線(基山-甘木)
第3セクター化
高森線(立野-高森)
第3セクター化
高千穂線(高千穂-延岡)
第3セクター化
湯前線(人吉-湯前)
第3セクター化
妻線(佐土原-杉安) 山野線(水俣-栗野) 宮之城線(川内-薩摩大口)
志布志線(西都城-志布志) 大隅線(志布志-国分)

私 鉄 編

南部縦貫鉄道(野辺地-七戸)
(その1) (その2)
新潟交通(燕-県庁前) 蒲原鉄道(加茂-五泉) 東武熊谷線(熊谷-妻沼)
(その1) (その2)
筑波鉄道(岩瀬-土浦) 加悦鉄道(丹後山田-加悦)
(その1) (その2)
下津井電鉄
(下津井-児島)
長野電鉄木島線
(信州中野-木島)

(その1) (その2)
南海電鉄和歌山港支線 
(和歌山港-水軒)
有田鉄道(藤並−金谷口) 日立電鉄
(常北太田−鮎川)
(その1) (その2) 
(その3)
鹿島鉄道
(石岡−鉾田)

  ホームページトップへ

Ads by TOK2