[EARTH5]
画像をクリックすると大きな画像を見られます
2017.5.3〜5.29
まだ物語は始まっていない
1 連休クルージング
今回はシェイクダクンウンを兼ね近場。
三崎港ではマグロとカンパチで乾杯。
藤野コーチの苦言が身に染みた夜。
翌朝、「うらり」の裏手の岸壁に移動。
僚艇「かざとり」の後ろに係留。
途中乗船の朝木さんを待ちます。富
士山がよく見えます。今日も強風か。
猫が耐えられるか心配。でも2日目
のレグは短距離・短時間。 
三崎港を出て東京湾横断。保田に
向かって一直線。
保田港では隣の「あとむ」(平潟湾)の
滝沢さんにお世話になりました。
大混雑の「ばんや」を避け、「おどや」
買い出しの食材で焼き肉パーティー。
途中下船の夫君出迎え、神出鬼没明美
さん。愛鳥「メグ」連れ、夜半の訪問。
迎えに出た猫の「マリン」。インコに
圧倒されたか、早々に船内に退散。
3日目、最終日。ハーバーに帰港。少
し距離はあるが、今日は穏やか。
リールの不調でトローリングあきら
め、ラットを握る漁労長。
苦しんだ海域もありましたが、とりあえ
ず全航程頑張りました。偉かったね。
ハーバー到着、乾杯。最後の離着岸
では、多少力量上げたかな?
2 シェイクダウンの大島往復
小笠原めざし、出港待機の夜。
出港予定でしたが風やや強く翌日も
待機。大久保・岡村両氏が見送り。
やっと出港。観音崎越えて風はそこ
そこ、波も穏やか。猫も比較的元気。
初日は三崎港泊。大久保さんがお寿
司の差し入れ持って再び来訪。
翌早朝出発。昼前大島到達。横波に
猫船酔い。三宅あきらめ波浮に入港。
いつもの係留岸壁追われ、着岸した
のは椙山さん紹介の民宿のすぐ前。
夜に入り雨が降ってきましたが、オー
ニングの準備万全。
中は快適。夕食は、カロリー控目、栄
養十分。琴英さん工夫の料理に感謝。
翌日も雨。滞在中、民宿のおばさん
のはからいでバス・トイレ使い放題。
雨の合間に、大島海洋高校ヨット部
が練習してました。
カッター部も連日トレーニング。会う
たびに挨拶してくる生徒たち。
雨上がり、滞在3日目は、不本意な
れど、いつもの係留岸壁に移動。
猫にとって、海はいつも試練の場。今
回で3回目の航海。少し慣れたかな。
猫連れクルーズの制限風速目安8m
は、安全航海の保障でもあります
朝木さんが合流しました。実は、昨夜
小笠原行きを断念。帰港することに。     
停滞する梅雨前線に、無線検査の期
日まで帰港の見通しを阻まれました。
小笠原を楽しみにしていた琴英さんも
朝木さんも事情を理解してくれました。
いったん引き返して、無線検査を先
行し、再出発することに決定。
 
三浦半島沖で琴英さんクジラ発見。
椙山さん受贈のケンケンは釣果0。
三崎に再度寄港してとりあえず一段
落。船員簡保センターのお風呂に。
目的は違ったがシェイクダウンとなっ
た大島往復。最終日はフルメイン。
 

 

BGM=時計を止めて

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2