[EARTH5]
画像をクリックすると大きな画像を見られます
2017.1.8〜
風はいつも途中から次へ
1 東叶神社に初詣
例年恒例。安航祈願の善男善女。
悪天候のためクルージングは中止。
お参り後、「わんコパン」で昼食。
2 ハーバー新年会
受付。横浜崎陽軒5F宴会場。
ハーバー50周年記念事業の一環と
して、海外チャーターCr.のプレゼン。
同じく50周年に向け、「50年史」編纂
に協力を求めるアピール。
3 メンテ緊急集合
長距離航海の準備開始です。
今日はリーフシステムの確認や、電
子機器の調整。
午後から雨の予報。午前中は境野
さんも交えてデッキでの作業。
セールメーカーのプロからアドバイス
もうけました。午後はキャビンで作業。
4 メンテ続行
修理したブームバングの取り付け。
至難。ブームファーラー巻き取り用
エンドレスループのスプライス接続。
自分たちでもできるようにと、境野さ
んの指導を仰ぎました。
自作して、いちおう分かりました。い
ざとなれば何とかできるぐらいには。
でも試してみると、やはりあまりいい
具合ではありません。やり直しか。
次はテレビアンテナ点検。レーダー
アーチからはずしマストに上げます。
ほんのわずかの月数の差で最若年
とみなされたキタさんが登ることに。
残念ながらマストに上げても受信で
きませんでした。原因は別のよう。
5 牡蠣小屋クルージング
考えたら久々、今年初クルージング。
メインとジブの展帆をテストした後、
ベイブリッジをくぐって横浜港へ。
昼食は牡蠣のバーベキュー。アケミ
さんの法曹デビューを祝い乾杯。
帰路も楽勝。宵の口には強まると予
報の風も、その気配すらありません。
6 海洋調査船「タラ号」訪問
フランスのスクーナー横浜港寄港。
「アース」のメンバーで見学。朝木さ
ん佐藤先生も、別の日に申込み。
えり子さんは仕事がらみで、スタッフ
のフレンチ乗員と打ち合わせ。
13年に及ぶ航海のしみついたアルミ
艇。夕暮れの港で語る声は…。
せっかくのチャンス。シーサイドのイ
タリアンレストランでおしゃれに夕食。
7 船底塗装はシーマンの原点
年に一度の上架作業です。
第1日目の参加者。潮の都合で午後
半日。今日のメインは足場の組立て。
第2日目の参加者。船底研磨と塗装。
今日が作業の山場です。
第3日目の参加者。今日はハルの汚
れ落としなど仕上げです。
船底は海に浮かぶ船の最も大事な
足回りを点検できる場所。
自らの目と手で、安全を確保すること
は船乗りの務めです。
 
重機を使用する危険の伴う作業。大
勢で行う場合は、足場が肝心。
作業進行にあわせ、各自持ち場を分
担。チームワークも大切。
作業終了。あとは下架するだけ。今
年は天候に恵まれました。
 
       
       

 

BGM=時計を止めて

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2