[EARTH5]
画像をクリックすると大きな画像を見られます
2016.9.4〜12.4
蒼ざめた明日はいらない
1 ヨット教室第7講
今日はヒーブツーと人命救助。
「メテオール」と「アルハンブラ」に
分乗して練習します。
出港準備ができました。あとは前後
のもやいをはずすばかり。
バウのもやいからはずして、さあ「ア
ルハンブラ」の出港です。
「メテオール」と一緒に沖に向かいま
す。久しぶりですが、エンジン快調。
まずはセールを揚げます。海上には
夏の雲です。
交替でヒーブツーと人命救助を練習
しました。
「メテオール」も同じ海域で練習して
ます。
2 ヨット教室第9講
スピン練習の予定でしたが、変更。
アンカリングの練習。投錨・揚錨とも
にまずまずの出来。一同安堵。
3 記念すべきある1日
ハーバーの大先輩にお会いしました。
4 帆走訓練の顛末
今日はクラブレースの本部艇です。
他艇に先立って、スタート地点の蛸
根に向かいます。
風速10m。アンカー打ちも一苦労。
やがて、各艇からトラブルの報告。
回答旗を掲げ、とりあえずスタート延
期。結局、ノーレースとなりました。
ハーバーに戻り、エントリー組の「メ
テオール」と一緒に遅い昼食。
5 葉山の「ライア」訪問
レース艇に乗る機会を得ました。
葉山マリーナではこの日クラブレー
スがあるそうです。
出港準備。レース艇はメインセール
もそのつど艤装します。
出港。「ライア」は今日は練習日。我
々もそれに参加させてもらいました。
昨夜からの雨は上がりましたが、予
報では10mの風。
気温も1か月先なみの冷え込みとの
ことですが、湘南の風はどこか暖か。
「ヨット発祥の地」の根拠は定かでは
ありませんが、確かに爽快な海です。
ジブセールチェンジの練習のあと、
何回かタックを練習。
強風のなか、ベアウェイセットでス
ピンホイストにも果敢に挑戦。
ジブ再展開後のスピンドロップの技
も見せてもらいました。
アビーム往還でのスタート練習も成
功していたようです。
この海はさすがレースの本場。いく
つものフリートが、勝負しています。
セールのグレードも生半可ではあり
ません。ほとんどが非ダクロン。
マリーナに帰ると、レース参加艇が、
パーティーを開いていました。
帰港後陸置保管。今日は「ライア」と
「ライア」の皆さんありがとう。
6 最後の工事
バックステー交換。さあ次の時代へ。
折しもヨット教室終了式の日。卒業
生が次のステージをめざします。
「アース」にも新しい仲間が加わり、
また歯車が回りました。」
7 ある日帆走訓練がありました
んッ。「あついうみ」?柔らかなひと時。
「アンギラ」の辞書には「手抜き」と
いう言葉はない。強さの秘密。
レース結果はそっちのけ。泣いても
笑っても懇親会には皆全力投球。
誰も来ない?いえ開店前です。「ア
ースカクテルバー」準備完了。
8 大掃除
今日は一年の総決算。「終り」の日。
「終り」よければすべてよし、とは含
蓄のある言葉。
必ずしも過去を無条件に清算する
言葉ではありません。
ここで「終り」とは現在です。現在は
過去につながっています。
「終り」すなわち現在が「よければ」
とは、過去もよかったということ。
とすれば、明日に通じる「終り」方を
問い掛ける言葉とも言えますね。

 

BGM=時計を止めて

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2