アルゴ通信

海からの視界に飛翔する

BGM=月光

海にありてすぐにも街をおもふ
街にあれば又海を思う
海にありて海をおもふ
これ舟人の心ならずや (森繁久弥)

「満州」の体験を念頭に詠んだ詩だそうです。
平和にあって平和の意味を忘れない、
私たちもそんな海人でありたいものです。
              

各ページ冒頭の星印をクリックすると、BGMを聴くことができます 。(copyright 音楽の部屋)

BGM索引
2019.07.31 更新

[管理者=アース]

アルゴとはギリシア神話に出てくる船の名まえ。
海に魔物が住むと思われた遠いむかし、一人の王子が、ヘラクレスたち勇者をともない航海に出ます。
ひとびとの、海へのおそれとあこがれは、やがて星となり、神々の住む天空に輝いたのでした。

▲アルゴ座 (copyright AstroArts- StellaNavigator)

アルゴ座の解説へのリンクはここをクリック

潮風

information

バックナンバー
★「Kazi」1月号でも紹介されているが、イギリス映画「喜望峰の風に乗せて」が、1/11に全国公開される。1968年第1回単独無寄港世界一周ヨットレース「ゴールデングローブ」に挑んだ男、クローハーストの悲劇を描いた、実話に基づく映画。優勝したのはロビン・ノックス・ジョンストンの「スハイリ」号だったが、レースは出場9選手中6名リタイアの失敗とされ、以後単独無寄港世界一周レースは1982年のBOCチャレンジ(のちのアラウンド・アローン、5オーシャンズ)、1989年グローブチャレンジ(のちのヴェンディグローブ)まで、行われなくなる。過酷な運命に見舞われ、レース中に姿を消したクローハーストであったが、当時出場選手中唯一のアマチュアセーラーとして注目を集め、その結末は世界中に感動を与えた。http://kibouhou-movie.jp/(2018.12.24 アース発)
★公開が待たれるドイツ映画「死の川」 2018年ベルリン映画祭「観客賞」第二席。ヴォルフガング・フィッシャー監督作品。沈没しかかっている難民を満載した船に大西洋で出会ったシングルハンドの小さなヨットの話。救出すれば自分が沈む。周囲が緊急無線を無視する中、一人で思い悩むスキッパーの女性医師。難民問題で深刻な問題を抱えた今日の世界を象徴する映画である。ウェブサイトのムービークリップを見ると、荒れた海と闘うヨットのシーンが美しい。日本での公開は決まっていない。
http://www.thinktheearth.net/think/2018/03/022berlinale2018/(2018.10.26 Yoshida発)
30

相模湾でクジラに出会いました(2009.9.20)。

詳細は、
本編 でご覧ください。動画はここ

サイト・マップ

海・メモリー/猫は海で暮らせるか?/マリンらいぶらりぃ/シーマンシップの研究/舵誌主要記事索引/海のワイン棚/船の料理・簡単レシピ/SKファンクラブ/海と船の仲間リンク集

本編にはここから入ってご覧下さい



当ホームページの本編内容を御覧になるには、
ENTERをクリックしてお入りください。

EARTH 5 2017年夏・小笠原諸島航海記掲載しました。

今月の
海の言葉
バックナンバー
無知な人は武器のない兵士、推進力も舵も持たぬ船にたとえられよう。(ポール・フルキエ)
本サイト訪問者と当方の連絡にご利用下さい。クルージング中などホームページの更新ができない場合の記事配信も行います
       
 

    

 

 

 

Ads by TOK2