アルゴ通信

海からの視界に飛翔する

BGM=月光

海にありてすぐにも街をおもふ
街にあれば又海を思う
海にありて海をおもふ
これ舟人の心ならずや (森繁久弥)

「満州」の体験を念頭に詠んだ詩だそうです。
平和にあって平和の意味を忘れない、
私たちもそんな海人でありたいものです。
              

各ページ冒頭の星印をクリックすると、BGMを聴くことができます 。(copyright 音楽の部屋)

BGM索引
2019.10.13 更新

[管理者=アース]

アルゴとはギリシア神話に出てくる船の名まえ。
海に魔物が住むと思われた遠いむかし、一人の王子が、ヘラクレスたち勇者(
アルゴナウタイ)をともない航海に出ます。
ひとびとの、海へのおそれとあこがれは、やがて星となり、神々の住む天空に輝いたのでした。

▲アルゴ座 (copyright AstroArts- StellaNavigator)

アルゴ座の解説へのリンクはここをクリック

潮風

information

バックナンバー
★漁獲量の減少が話題になっていますが、魚だけではありません。海ではこの40年間に、哺乳類・鳥類・爬虫類・魚類の生息数が半減したと言われます。原因は地球温暖化による海水温の上昇と海水の酸性化、そしてプラスチックによる汚染です。人間が引き起こしたこの恐ろしい現実には、今さらながら驚かされます。ゆまに書房から9月28日刊行予定の『海は地球のたからもの』全3巻は、将来に向けて、この問題の解決策を探ろうとする企画です。学校図書館向けの児童書ですが、子供やお孫さんに1冊ぜひどうぞ。http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843355664(2019.8.30 Yoshida発)
★日本の海の環境を守るとりくみ二つ。横浜みなと博物館で、開館30年企画展「オドロキ!日本・海の環境と開発―海といつまでも」が開催中です(9/29まで)。
https://www.nippon-maru.or.jp/event/20190626-5375/。フランスの科学探査船「タラ号」の財団日本事務局は、日本の主要大学と連携して、日本列島沿岸の海洋生態系に及ぼすプラスチック公害の調査プロジェクトを計画中と発表しています。https://jp.oceans.taraexpeditions.org/。(2019.8.29アース発)
30

相模湾でクジラに出会いました(2009.9.20)。

詳細は、
本編 でご覧ください。動画はここ

サイト・マップ

海・メモリー/猫は海で暮らせるか?/マリンらいぶらりぃ/シーマンシップの研究/舵誌主要記事索引/海のワイン棚/船の料理・簡単レシピ/SKファンクラブ/海と船の仲間リンク集

本編にはここから入ってご覧下さい


poetory
当ホームページの本編内容を御覧になるには、
ENTERをクリックしてお入りください。

海のポエジーLost in Time & My Poems掲載しました。
今月の
海の言葉
バックナンバー
この場所の守護神が、その手から逃れかけた本船を見つけて立ち上がり、怒りを10倍にして襲いかかってきた。(R・Hデーナー)
本サイト訪問者と当方の連絡にご利用下さい。クルージング中などホームページの更新ができない場合の記事配信も行います
       
 

    

 

 

 

Ads by TOK2